地域との調和を大切に

居宅介護支援事業

介護保険に加入していて、居住している市区町村から要支援・介護認定を受けている方が対象になります。この認定を受けた上で、居宅介護支援事業所(ひなたぼっこ など)にご連絡いただくと、担当のケアマネージャーが利用者さんの介護に関する希望や状態に応じたケアプランを作成します。ケアプランの作成が終わると、それを元にサービスの利用を受けることができるようになります。

デイサービス事業

デイサービス(通所介護)とは、利用者さんが要介護の状態になったとしても可能な限り自宅で日常生活を営み、日中の必要なお世話や入浴・食事などを当事業所で過ごすサービスです。お友達と楽しく会話したりゲームやイベントなどで日中の充実した時間を過ごすことが出来る上に、社会的孤立の解消や心身機能の維持・向上、およびご家族の身体的・精神的な負担軽減を図る目的で提供されるサービスです。

ß

訪問介護事業

訪問介護とは、自分や家族だけで日常生活を営むことが難しくなった要介護者に対して、介護福祉士やホームヘルパーが自宅に赴き、入浴、排泄、食事等の介護、掃除、洗濯、調理等の援助、通院時の外出移動サポート等の日常生活上のお世話を行うサービスです。訪問介護を利用できるのは、居宅で生活を送る、「要介護」と認定された人です。

家族介護の機能が衰えている今、その役割は、益々大きくなると言えるでしょう。人間にとって「家庭」とは、生活を営む最も基本となるところです。年老いて、自分の力だけで生活することが難しくなったとしても、長く生活していた空間や家族はなにものにも代え難く、最後まで住み慣れた生活をしたいということは、多くの方が望んでいることでしょう。特に高齢になると、環境に適応する能力は衰えます。できるだけ住み慣れた場所で生活を営むことは、最も自然な形なのかも知れません。

障がい福祉サービス事業

障害のある人への支援を定めた法律「障害者総合支援法」に基づいて提供されるサービスの総称です。具体的には、介護が必要であると認定された人のニーズに応じてサービスを提供する「介護給付」の部分を提供します。同じ障害であっても、必要とする支援は人それぞれ異なります。このため障害福祉サービスは、障害のある人それぞれの事情や障害の程度などを考慮したうえで、個別に支給のあり方が決定されます。利用者は、障害福祉サービスの中から必要なサービスを組み合わせて利用できる仕組みになっています。

会社概要

事業所名 企業組合 ひなたぼっこ
設立 2002年3月25日
事業内容 地域密着型通所介護事業所
住所 〒089-2122 広尾郡大樹町緑町22番地97
電話番号 01558-9-1111
メールアドレス hinata-2@zpost.plala.or.jp